作業・生活実習訓練

作業・生活実習訓練【生活介護事業】

【目的と経過】

作業・生活実習訓練は、府中市立心身障害者福祉センターの通所訓練事業の一つとして、昭和57年に開設されました。
集団活動・社会生活の場を提供することにより、個々の地域生活がより充実したものとなるよう、援助・支援を行っています。
平成10年度からは、作業部門と生活実習部門に分かれて活動しています。
また、平成19年度から、生活介護事業として事業指定を受けています

【対象者】

障害者総合支援法における生活介護事業の支給決定を受けた方。

【通所日・時間】

*月曜日 ~ 金曜日 (週5日)
*午前10時 ~ 午後3時

【内容】

生活実習部門・作業部門に分かれており、どちらかを選択していただいています。

生活実習部門

作業部門

【行事】

*訓練室行事(館内イベント、年度末会など)
*グループで設定する行事(バスハイク等)

【食事の提供】

希望者を対象とし、給食サービスを実施しています。(費用負担有り)

【費用】

通所にあたって、障害者総合支援法に基づいた利用料の負担があります。
詳しくはお問い合わせください。

【通所までのながれ】

問合わせ-見学・体験-申請-面接-Dr面接-判定会議- 通所許可-契約-通所開始

Copyright (C) Fuchu Municipal Welfare Center for the Handicapped”KIZUNA” All Rights Reserved.