機能訓練

機能訓練

機能訓練では・・・地域リハビリテーションを実施しています

① 病気や事故で障害を持った方が、日常生活の中で自立し、社会的交流を取り戻すことで、地域で暮らしていく自信となるように支援しています。病院における医学的リハビリテーションとは異なり、麻痺の回復や機能的な向上以上に、持っている能力を上手に使うこと、工夫して可能になることなど、幅広く『できること』を広げていくよう援助しています。

個別訓練を実施しています。
個人個人の状況に合わせて目標を設定し、個別のプログラムを立てています。利用される方によって訓練内容や訓練日数も
異なります。

半日単位の訓練が基本です。
午前 10:00~12:00
午後 1:00~3:00

サービスの対象年齢は、64歳までの方です。
(介護保険第1号被保険者の方は対象外です)
現在、約半数の方が、30~50歳代の方です。

【内容】

理学療法(PT)

個々の目的に合わせ、身体機能、動作能力の維持・改善、日常生活のアドバイス等を行っています。装具・車椅子の相談も
行っています。

作業療法(OT)

様々な目的を持った活動=作業を通して身体的、精神的な機能・能力をできる限り引き出し、生活そのものに生かしていけるよう
訓練・援助しています。

言語療法(ST)

言葉が不自由でも、思いを伝え合うことは可能です。“無理せず、楽しく”をモットーに相談、訓練をしています。

カウンセリング

考えること、感じることは私達のもつ宝です。また、話すことで新たなものも見えています。

そのほか…

訓練の応用場面として外出や運動などの行事や必要に応じて家庭訪問や日常生活活動訓練などがあります。

【通所に至るまでの手続き】

問い合わせ ⇒ 見学 ⇒ 申請 ⇒ 家庭訪問による面接 ⇒ 診察 ⇒ 判定会議 ⇒ 利用決定 ⇒ 契約 ⇒ 通所開始

【費用】

一定金額の利用料負担があります。

訪問支援事業では・・・社会とのつながりを持ちたい方に訪問による支援を行います。

【内容】

日中活動の提供や社会参加に向けた活動等

ご相談ください

訓練に関してだけでなく、困ったこと、相談したいことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

Copyright (C) Fuchu Municipal Welfare Center for the Handicapped”KIZUNA” All Rights Reserved.